■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
  「災害と社会」研究談話会 のHP   自由闊達な議論を楽しむ
     対象;建築、街、都市、災害、市民、教育、哲学、社会、など
                                                       HP開設2018.07.10 改定2023.7,10
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■    FBは→ 「災害と社会」研究談話会FB
   
■【1】■■■■ 「災害と社会」研究談話会 ■■■
 2022.4〜現在
  目的;災害の社会的構造を検討。多岐多様な対処にて。
      最近は社会のあり方にも言及。技術系のみならず哲学系をも視野に。
  討論;自由闊達&発散&深堀の討論、月一回開催、3時間程の密な時空。 
  メンバー;協力者含め40名ほど。文系・理系・芸術系等、分野は多岐に。老若男女で構成。 
  例会記録;22−23年度  20−21年度
 例会日程はFBにて;例会日程FB(ここをクリック) FBでは最新の各種情報も掲載。

【2】■■■これまでの活動のメニュ■■■ ============================
 希望の項目を選択してください。 なお建築学会特別委では「災害と社会」を対象
 「2022.4〜現在 ;「災害と社会」研究談話会、硬軟な討論         にジャンプ
 「2020.4〜2022.3;建築学会特別研究委員会(第二次)」   にジャンプ
 「2019.4〜2020.3;T談話会、充電期間」         にジャンプ
 「2017.4〜2019.3;建築学会特別研究委員会(第一次)」   にジャンプ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
▲3.建築学会特別研究委員会(第二次)
 2020〜2021、2年間
 テーマ:人為的要因による自然災害防止に向けた技術・社会に関する基礎的研究(第二次)
  研究要約  研究姿勢と成果そして今  研究集会用記事のみ閉鎖中
  第二次研究報告書の目次 
  例会記録20〜21年度 
▲2.T談話会充電期間 2019.4〜2020.3、1年間
    第二次研究の構想事前検討、第二次研究までの休息充電、
▲1.建築学会特別研究委員会(第一次) 2017〜2018、2年間
 テーマ:人為的要因による震災防止に向けた技術・社会に関する基礎的研究
  研究要約  研究姿勢と成果そして今  研究集会用記事のみ閉鎖中
  第一次研究報告書の目次 

【3】■■■参考、他委員会の紹介メニュ■■■  =========================
 1.建築学会地球環境本委員会(常置委員会) WG1〜WG5
    HPはここをクリック
 2.星野研究会 任意団体、2023〜
 HP制作検討中
    分野;人新世紀人類統合学
    目的;人新世紀、人類滅亡の危機、これにどう対処するのか、人類統合学として研究
    会議;23年;03/14、04/18、07/05、08/30、11/29,  24年;03/28、05/15
    世話人;外岡豊(埼玉大pe、地球環境委員会委員、倫理員会委員、他)
    参加者;建築系が多数。20-40人程か。 
 3.建築学会教育本委建築将来教育小委、教育の社会性検討WG 2013〜2014、2年間
      1年次報告 2年次報告
 4.学生による語り合いのシンポジオン 2002〜

    学生・専門家・市民の知的交流の場
     建築学会北陸支部大会および建築学会全国大会の開催中に各大会会場にて開催(毎年2回開催)
      行事の位置づけ;支部大会では目玉行事、全国大会では大会関連行事
    当該HPはここをクリック
    参加者;30〜80人
=============================================================